沿革

1.設立者について

深澤 彰(ふかざわ あきら・故先代社長)

明治43年4月1日
茨城県行方郡麻生町生まれ。
昭和5年3月31日
初代社長が勉学に励んだ
福島高等商業学校跡地にて
福島高等商業学校
(現在の福島大学経済学部)卒業。
同4月1日 川崎貯蓄銀行・名古屋支店入行。
昭和19年4月 佐倉聨隊で北支派遣。戦争を経験。
昭和22年8月23日  『第一産業株式会社』設立。
(昭和25年に社名を『第一薬品産業株式会社』に変更。)
平成元年6月23日 肺炎呼吸不全で死去

2.沿革

大きく4つのタームに分けられます。

創成期 不衛生環境への挑戦
第二期 ヨウレチンとの出会い
第三期 ヨウレチンの眼科領域進出
嗅覚事業着手
第四期 ヨウレチンの中国進出
現在に至る。
シンボルマーク「目はいのち」 シンボルマーク「子はたから」 シンボルマーク「香りのさち」

創成期(不衛生環境への挑戦)

出来事
昭和22年
(8月23日)
『第一産業株式会社』設立
本社:日本橋江戸橋2-3
工場:船橋市海神5-2370
消毒薬クロルカルバクロールを駆虫薬として製造販売。
創立当初 クロルカルバクロール製造工場 吾嬬化学株式会社にて
【時代背景】
敗戦直後の物資のない時期における劣悪な衛生状態。
人・動物の体内外の寄生虫の寄生が当たり前。
昭和24年 クロルカルバクロール+海人草エキス製造販売、畜犬用のカルバクロール発売
昭和25年 社名を『第一薬品産業株式会社』に変更
昭和26年 肥料の脱臭、殺鼠を目的とした『デサント』の製造販売
デサントの宣伝カーで薬局巡回
【時代背景】
食糧不足で農作物栽培が盛んであった。
昭和27年 犬猫のノミとりポピードライシャンプー発売
【時代背景】
東京都の学童の内部寄生虫寄生率43.7%

この頃は行きの汽車賃のみにて出張。
取引先の集金により帰りの切符を賄う財政状態でした。

第二期(ヨウレチンとの出会い)

出来事
昭和28年
柳金太郎教授
東京医科歯科大学内科 柳金太郎教授より、ヨウレチンの製造販売について依頼を受ける。
昭和31年 「ヨウレチン」錠命名、製造販売許可を得る。
ヨウレチンの臨床報告会
昭和33年 ヨウレチンが医療用医薬品として健康保険の適用を受ける。

この当時、ヨウレチンはバセドウ病、その他ヨウ素を必要とする諸疾患の治療薬として、主に内科領域で使用されていました。

第三期(ヨウレチンの眼科領域進出、嗅覚事業着手)

出来事
昭和35年 眼科領域へヨウレチンの売り込み開始
第93年会日本薬学会展示
第77回日本眼科学会
昭和44年 台湾へヨウレチン錠「50」輸出契約締結
昭和45年 日本橋2丁目に新社屋竣工
新社屋披露パーティー
新社屋での社長
昭和50年 嗅覚事業着手(T&Tオルファクトメーター発売)
昭和52年 塩浜工場竣工
パネル選定用基準臭を悪臭公害関係部門に販売開始
塩浜工場
平成1年 代表取締役に深澤 修就任
平成7年 韓国へヨウレチン錠「100」輸出契約締結
シンボルマーク「目はいのち」 シンボルマーク「香りのさち」

昭和40年、PRの一環として、「病院を花のマークで明るく」をテーマにひまわりのプレートを眼科診療室へ寄贈しました。

第四期(ヨウレチンの中国進出)

出来事
平成10年 中国へヨウレチン錠「100」輸出契約締結
平成18年 においスティック(OSIT-J)製造販売開始
平成24年 代表取締役に深澤 陽一郎就任
  現在に至る。

現在ヨウレチンは大都市を中心に、中国全土で販売されています。